やぶから九尾

東方SS書きのブログでございます

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんぺ4位でしたー


というわけで、第七回東方SSコンペも無事終了しました!
前コンペから作品が増えたこともあってか、全部に感想つけるのにもの凄く時間がかかりましたorz
そうする義務が無いということは知ってはいますが、やはりフェアじゃないというかそれが礼儀だろうと考えてしまうのです。
あくまで私のポリスーです、ポリシーじゃなくてポリスー。真似しないでOK。

そして、私の『Hello, my friend ―6つの色が揃うとき―』は4位! 前回の9位からランクを5つあげました! 評価してくださった方々、ありがとうございます。この調子で行けば、次のコンペでは-1位が取れるはず……。

実を言うと、今回はこんな長編を書くつもりはなかったんです。元々『Hello~』は三つに分けて、創想話にうpする予定でした。それがコンペのお題が決まって愕然。色をテーマに書いてたんで無茶苦茶かぶっとるやんけ!orz

今さら別の話なんて思いつかないので、これを仕上げることにしたのでした。まあこれも何かの運命でしょう。SSで触れたことのなかった地霊殿メンバーを書ききったことには満足です。心残りといえば、完成度をもっと高めたかったということですががが。

あ、もし創想話の読み専の方々がここにいらっしゃったら、ぜひコンペの作品も読んでくださいな。今回も良作揃いですよー。といっても私の作品の場合、近々完成版のために大幅な手直しをする予定ですので、読むのをもう少し待っていただけると助かりまする。



今回の1位は八重結界さんの『姉さんが暴走しました、春』。チャットで祝辞を述べることができなかったので、この場を借りて申し上げたいと思います。おめでとうございます! コンペにおける長高短低の時代に終止符をうつ見事なギャグ短編でした。

2位以下には長編も多くあるので、次回の傾向が楽しみですね。
おそらく短編が増えるとは思いますが、あえて壮大な長編を書いて目立つ人がいるかもしれませね、300kb超えとか。私も次回の1位を目指して日々研鑚。

……と、今得点表見てると、何気に今回Rateでは1位だ! わーいわーい(←小っせぇ!)

採点といえば、今回はつくしさんに10点をいただいたのが嬉しかったです。実はコンペの裏目標が、つくしさん、時計屋さん、desoさんに10点をいただくことだったので。しかし、このお三方に同時に10点をいただくことなど可能なのだろうか。特に王道で時計屋さんを説得するのは厳しい気も……。まあそれは私の手腕にかかってるわけです。たぶんやるぜ。 


それでは、今回のお気に入り作品の紹介を。

・スエツムハナ
少女な魔理沙、乙女ちっくな魔理沙が見たくないか!?
と聞いたら、「見たーい!」とたくさんの反応が返ってくるでしょう!

旧作いらね、と背を向ける貴方、ちょっと待つんだ、そういう意味ではないw

霊夢とのほのぼのとした日常、香霖に対する感情のもどかしさ。べたべたせず、すっきりとした会話のリズムと薀蓄がかもしだすこの空気は……ああ盗みたい。とてもよい話でした。


・幻想検校色話
今読み返してみると、100%つくしさんの作品なんですが、なぜか感想期間に読んでる最中は意識してませんでしたw 瀟洒に魅せる文章で、お題の使い方も面白い! 私がもっとも重視するのはSSの空気なんですが、この作品も空気がいい。いやぁ、なんなんでしょうね空気って。誰か解説してくれ。


・ ワールド・イズ
最後の台詞を読んだとき、ガッツポーズが出た作品です。どこまでも真っ直ぐで痛快。チルノとレミリアの絡みには名作が結構あると思うんですが、このSSもその仲間入りを果たしたと思います。素晴らしい作品でした。それにしても、途中のあの台詞はボブさんの台詞なんでしょうか、吹いてしまったんですがw


・ 東の空の、ゴールデンエイジ
今回唯一10点を入れた作品です。前回のコンペで10点をつけた二つの作品、あれを読み終えた時に味わったのは、心が震える瞬間でした。コメントではあーじゃないかこーじゃないかと生意気なことを書いてますが、私のSSに対する評価は、読み手側に与えるエネルギー量で決まります。プラスにせよマイナスにせよ、読み終わって凄くエネルギーが湧いてくる作品を読みたいと思っていますし、書きたいと思っています。
しかし、合わない人には本当に合わない作品ですw
幻想郷の平和でぬるい空気を愛している方々は、読む前に一考することをおすすめします。美しい話ですが、本当に「ひどい」設定ですので……(汗)

・ 虹色の宵闇
王道に弱い。王道ばっかり書いてる私です。もっとも王道であれば何でも好きだというわけではなく、グワッとくる瞬間が無ければダメじゃー、みたいなことも考えています。このSSを読んだとき、来たんですよ、そのグワッと来る瞬間が。心がサッと洗われるというか、その一瞬を感じ取れたんです。私のSS感覚は、理屈よりもそうしたフィーリング的な物が多い気がする……。虹川三姉妹のシリアスSSは書いてみたいんだけど、全く思いつかないんですよね、困ったことに。

他にも、『船乗り達が恋した黄金郷』の情景が素晴らしかったり、『藤原妹紅の青の時代』のもこたんがかっこよかったり、『穢れの花』のパパーシャが素敵だったりと、良作ぞろいでしたー。




恒例のチャットも盛り上がってました。個人的には、お豆さんとお話できたのが感激。
今回のSSの発端も、あの御方のあの作品をリスペクトする意味で書いたものですからね、キャラが全然違うけどw
あと、誰かさんの陰謀で、道頓堀から発掘されたカーネル・サンダース像の左手が幻想入りする話を書くところでした。危ない危ない。


さて、次回のコンペを待ちつつ、創想話の方で頑張るとします!
どうかSSの神様が額に降りてきますよーに!













藤岡弘じゃないから。
スポンサーサイト

Comment

うっひゃあなんか名指しされてるッ
というわけでコンペ会場から歩いてきましたお疲れ様です! だってあのゆうかりんとさとりんの可愛さには10点つけざるを得なかった・・・! また次も期待しておりますわっ あと検校も高い評価頂いてありがとうございます
あとカーネルサンダースも是非(
  • posted by つくし
  • URL
  • 2009.06/18 20:28分
  • [Edit]

Re: タイトルなし

コメントありがとうございますw
検校も実によかったですよー。
次回コンペでも、高い評価をいただけるように精進します。
それと、コンペのコメントも待ってますw


ところで、つくしさんのブログをリンクに追加してもよろしいですか?
できればお願いしますm(_ _)m
  • posted by PNS
  • URL
  • 2009.06/20 22:52分
  • [Edit]

ほうぎゃー反応ちょう遅くてごめんなさいっ検校誉められて実にてれりこであります。
リンクはどうぞ貼ってやって下さい。できればサイトトップのほうが良いかもしれませんがブログに貼るならブログでもー。
  • posted by つくし
  • URL
  • 2009.06/27 20:17分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

 

Author: 
 
このはずくは共通世界観、木葉梟は一度限りの世界観という風に、HNを使い分けて東方創想話にSSを投稿しています。
ここでは他の方々のSSや、自作SSの裏話などを紹介しております。あとは、軽い後日談とか。よろしくです。

最新記事

今日は何の日?教えて慧音先生

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。