やぶから九尾

東方SS書きのブログでございます

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★自作SS紹介★ 作品集59 『大きくしたいの!』

さて、今回は自作SSの解説をしたいと思います
デビュー作、『大きくしたいの!』(作品集59)の誕生秘話です。


この作品は、私の人生初のSSであります。ただし、それは完成品としての話であり、実際に作品を書きはじめたのは、次作の『バックドロップは八雲式』の方が初となります。ではなぜ、こっちの『大きくしたいの!』の方を先に投稿したのか。それは、種が育つのが速かったからです。私の場合、SSは『種』から始まります。それは情景だったり、設定だったり、ふと思いついたタイトルだったりするわけですが、その種がだんだん育ってから、実際にプロットを作ってみるというのが、今でもSS作成の流れとなっております。では、このSSの種は何だったのかというと……。


(以下は超絶ネタバレなんで、未読の方はご注意願います)






さて、あれは夕方、私が近くのスーパーに徒歩で買い物に行った帰りに、ぶらぶらと散歩していた時でした。その辺りは、ちょっとした林と隣接している、広い原っぱがあるのです。季節は夏の終り。原っぱに立って西を向くと、夕焼け空が拝めます。その日の雲は薄紫。涼しい風の吹く中で、一番星が輝いて見えました。




そんな時、ふっと情景が浮かんできたのです。








月光の下で、巨大化した咲夜さん。




「こりゃSSにしたら爆笑だな、ギャハハハハ!」






90%ノンフィクションです。実際の笑い声は、ブハハハハでした。


まあとにかく、巨大化した咲夜さんというのが、このSSの種でした。けれども、単に咲夜さんがデカくなるだけじゃ、話になりません。それには何らかの動機、あるいは原因が必要でした。彼女が自分の意思で大きくなるとは思えない、しかし、不可抗力だったとしたら? 例えば、胸を大きくしようとしたら、体ごと大きくなってしまったとか……。それはパチュリー薬とかが原因で……。


ちょうど『バックドロップ~』の執筆が煮詰まっていた時でしたので、プロットの作成は気分転換のようなものでした。ところが考えるうちに、あれよあれよと話が出来てしまい、結局帰宅してから一時間とちょっとで、話の構図が完成してまいました。


内容からするとギャグ短編。ひょっとしたら、こっちの方が先にできちゃうかも?
よし、それじゃあ試しに書いてみるか!
そう思って、プロットを読み返してみて、


私の笑顔は消えました。
そして、深い悲しみに襲われました。


なんて哀れな話でしょうか。なんて切ない物語でしょうか。
彼女の乙女心は、ささやかな幸せを願っただけだというのに。
それが、こんな残酷な結果を生んでしまうなんて。あんまりです。


私は泣きながら……三日で話を完成させました。


咲夜さんの悲痛な叫びが聞こえたので、タイトルも五秒で決まりました。


(PNS。君こそ真ノ邪悪ダ)


さて、書いた作品を投稿するのは、凄く緊張するものです。今でもそうなのだから、初投稿で初SSとなれば、なおさらです。果たして読んでくれるだろうか。コメントで袋叩きにあったりとか。でも、もしかしたら、三千点いってくれるかも……。そんな不安と期待の混ざった気持ちで投稿したのですが……。


結果はなんと五千点超え。第二の目標まで突破してしまいました。さらに、面白かったというコメントの数々に、今まで感じたことのない喜びを知ったのです。オチに使ってしまった咲夜さんには申し訳なかったのですが、とてもいい経験になりました。ようし、次も面白いの書くぞー、と気合が入り、次作の『バックドロップ~』の執筆も、進むこととなったのでした。めでたしめでたし。


しかし、甘かった! 私は咲夜さんに、しっかり復讐されていたのでした!
それは私のHNの件です。それについてはまた次回で……。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

 

Author: 
 
このはずくは共通世界観、木葉梟は一度限りの世界観という風に、HNを使い分けて東方創想話にSSを投稿しています。
ここでは他の方々のSSや、自作SSの裏話などを紹介しております。あとは、軽い後日談とか。よろしくです。

最新記事

今日は何の日?教えて慧音先生

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。