やぶから九尾

東方SS書きのブログでございます

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【創想話SS紹介】作品集37『かざみどり』豆蔵氏

今でこそSSをちょこちょこ投稿している私ですが、創想話を知ってから、しばらくは『読み専』でした。その間に体験した、先人達のSSにおける世界観や技法が、今の私のSSに強く影響していることは間違いありません。というわけで、そんなSSの作者さん達に、このブログを通じてお礼をいうとともに、お気に入りのSSとして紹介していきたいと思いまする。はっきりいって無許可でのSS紹介なので、やめてー、とか、殴るぞこらー、とか言われたら、消してしまいますのでご了承ください。


記念すべき第一回はこの方。豆蔵氏の『かざみどり』(作品集37)です。


はたして我輩は誰のSSの作風に影響されてるのかなー、と自問自答して脳内検索をかけたところ、豆蔵さんがヒットしました。いや、はっきりいってしまいましょう。おそらく私のSSが手本としているのは、豆蔵さんの作風かと思われます。(全然作風違うやんけ、と突っ込まれたらそれまでですが)


生き生きとしたキャラクターが作るストーリー、和む展開、ときにシリアス、最後はほんわかハッピーエンド。
もちろん豆蔵さんの作品すべてが、それに当てはまるというわけではありませんけど、そんな印象があります。


あらすじ
向日葵咲き誇る太陽の畑に、射命丸文が新聞を届けに来る。お昼寝していた風見幽香は、情報の遅い新聞で紹介されていた、幻想郷縁起について興味を覚える。その本で紹介されている姿のせいで、彼女は幻想郷の人間から、異様に怖がられるようになってしまっていた。妖怪として正しい姿のはずが、どうも幽香は少し不満があるようで……


『かざみどり』は端的に言ってしまえば、幽香がイメチェンを目指す話です。ただし、話の肝はそこではありません。それは読んでみてのお楽しみです。とにかく、彼女の魅力がふんだんに詰まっており、ストーリーは起承転結があってオチも素敵。この作品で幽香りんが好きになった人は、私だけじゃないはず! 続編である、にゅうかりん(プチ15)もお気に入りです(こちらは軽めのギャグ)。


豆蔵さんは他にも創想話に良質なSSを投稿しております。その中で、あえてこの『かざみどり』を推したのは、私に新たなキャラの魅力に気づかせてくれた作品だったからです。そのSSを読んだ人が好きになってしまうような、生きたキャラクター、というのが私の理想でもあります。作品を通じてキャラの魅力を伝えることができ、さらにその作品によって読者の方々がキャラに愛着を持ってくだされば、作者としてこのうえない喜びではないでしょうか。私もできる限り、そんな作品を残したいと思っております。そして、やっぱりハッピーエンドはいいですな。


……え? 『大きくしたいの!』? いや、あれは……。そのー、まあうん。ごめんなさい。


◆◇◆


今回は豆蔵さんの『かざみどり』でした、ありがとうございます。
さて、次回からもこんな感じで、好きなSSを紹介していきたいと思っております。
あ、もちろん自作品についても、早いうちに触れるつもりです。
それではまた。


>>拍手レス


>消されてしまったようで~


え!? 私が消した?
ひょっとして、『てすと』にコメントが残っていたりとか? 
だとしたら、気がつきませんでした……。大変申し訳ありませんorz
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by
  • 2009.01/08 00:06分
  • [Edit]

Re: テストに拍手してたひとです。

こちらこそ、焦らせてしまって申し訳ありませんでした(汗)
読んで下さっているとは嬉しい限りです。
実は、私も貴方の作品を興味深く拝読しております。
最新作も楽しませていただきましたー
  • posted by ぺんさ/PNS
  • URL
  • 2009.01/08 00:24分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

 

Author: 
 
このはずくは共通世界観、木葉梟は一度限りの世界観という風に、HNを使い分けて東方創想話にSSを投稿しています。
ここでは他の方々のSSや、自作SSの裏話などを紹介しております。あとは、軽い後日談とか。よろしくです。

最新記事

今日は何の日?教えて慧音先生

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。