やぶから九尾

東方SS書きのブログでございます

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地底四人娘 五作目投稿のお知らせ


  というわけで、昨晩のことですが地底四人娘の五作目を投稿してまいりましたー。 四作目の後はどれくらいで書けるだろうと思ったら、かなり時間がかかりましたね……。ただもの凄く楽しんで書けたのでよかったです。(というか、このシリーズは例外なく純粋に書くのが楽しい)

 『地底四人娘 5 ~怪盗古明地さとりの巻~』

  読んでくださった方にはお分かりの通り、今回は四人娘視点ではなく、さとり様視点を中心にしたお話であります。いつもの四人がシリーズのメインキャラクターではあるんですが、地底で話を展開する以上、地霊殿のメンバーとの絡みは自然と生まれるので、今後も何度も登場させることになるかと。もちろん他の東方キャラとの絡みも書いてみたいですね(たとえば萃香とかやべー話になりそうな予感)

 
 以下はネタバレ含む裏話ですので、未読の方はご注意願いますー。


 



 さて、今回はさとり様の受難の回だったなわけですが、実は創作活動における割とメタ的な話も含んでおります。世の中には一切感想をもらわなくとも(この宇宙に存在する人間が自分一人であっても)ひたすら物を書いているという人種もいるようですが、大多数の書く人は、やはり誰かの肯定的な感想を期待するものです。
 ただどんなコメントもらうかは、実際に作品を書いて読んでもらうまで、全く予想がつきません。いや、予想しても大体外れます。創想話においても、書いた作品が予想以上に伸びたり、あるいはその逆だったりという話は色んな書き手さんから聞きます。少なくとも私が今まで話した人で「ふっ、今回も予想通りの感想だったぜ」なんて言ってる人は見たことありまへん。
 書く側としてはただ面白かったの一言だけでもうれしく、次回作へのモチベーションにつながるものですが、感想にはそれ以上の効果をもたらす場合が多々あります。たとえば、あるコメントをきっかけに作風を自覚してそれを追求することになったり、一つの感想が一つの作品を生み出すきっかけとなったり。他にもスランプのきっかけになったり筆を叩き折って引退するきっかけになったり……。私も今までいただいてきた感想によっては、全然違う文章やストーリーを書いていたかもしれません。(いや筆折ってる可能性も普通にありますがw)
 ただ思うのは、作品を読んで感想をもらった時の喜びというのは、妙に中毒になるというかエネルギーになるというのは、ほとんどの書き手に共通しているのではないかと思います。読む側は10ぐらいのエネルギーしか与えてないつもりでも、その一言が100になって届くこともあるんです。もちろんマイナス10ならマイナス100になるわけですがw なので私も書いて与えることばかりだけでなく、読んで与えることで貢献することももう少しやれないかなーと考えてますね。そそわにせよ、こんぺにせよ、同人にせよ。その際には、このブログの方も積極的に活用していきたいなーと。

 と、最後は妙に真面目くさった話になってしまいましたので、通常営業に戻りましょうw 次回は四人娘か普通の長編を予定してます。投稿が早いか遅いかはわかりません(キッパリ)。今まで予告通りに投稿できたことが皆無に近いので、さすがに断言は止めます! ただそれとは別に、ブログで定期的に『サイダー色した夏の雲』の裏話をやろうかなーと考えてます。自作SS紹介の順番はすっ飛ばしておりますが、まぁそろそろ語っておかないと忘れそうなエピソードもありますし; あと他の作者さんのSS紹介もやろうかと考えてますので、そちらの方もどうかお楽しみに! ではまた次回更新でお会いしましょう! このはずくでしたー。

 
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

 

Author: 
 
このはずくは共通世界観、木葉梟は一度限りの世界観という風に、HNを使い分けて東方創想話にSSを投稿しています。
ここでは他の方々のSSや、自作SSの裏話などを紹介しております。あとは、軽い後日談とか。よろしくです。

最新記事

今日は何の日?教えて慧音先生

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。