やぶから九尾

東方SS書きのブログでございます

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに秘密を明かす時が……

 昨晩(というか今朝)、某チャットにて、ある事実をカミングアウトしたPNSでございます。

 本日はそのことについて少しご説明させていただきます。


 と、その前に二つ。

 第一回新東方SSこんぺ、参加された方々、お疲れ様でした。
 特に主催者様、本当にお疲れ様でした&開催ありがとうございました。
 軽いアクシデント等もありましたが、とにかく無事に終わって何よりです。
 今回の反省点を生かして、次回はさらなる盛り上がりになるとよいですね。


 続いて拍手レスでございます。

 >二週目突入様
 拍手レスが遅れて本当にごめんなさい!orz ぬうう、私の癒しレベルがまだ足りなかったようですね。
 でも月イチ創想話となると、私が月イチでSSを書けば、毎月お届けできるということに……できるのか?
 と、とにかくこれからもPNSとしては元気になれること間違いなしなSSを書いていくつもりですので、ご期待くださいませ!

>牛頭様
 >>ヤマメが好きになりました。サイダー色した夏の雲から一気に読ませて頂いたんですけど、本当に読んでよかったと思ってます。素敵な物語をありがとうございました!

 ありがとうございます! 読んでくださった方に、キャラクターを好きになってもらう。これが何よりうれしいですね。今後もヤマメの作品を書く機会はあると思いますが、違うキャラクターの作品でも、同じように牛頭さんに好きになってもらえるよう頑張ります。乞うご期待!



 では続きより、本日の主題についてです。


 

 2010年に行われた第九回東方SSコンペより、私はしばし木葉梟という名義を使用して活動していました。
 どうして私が、木葉梟(このはずく)という新人に化けていたのか、ということですが、大体四つの訳があります。そのうちの一つを本日は明かしたいと思います。今後の創作活動に関わってくることなので……。

 これまで私が創想話に投稿してきたPNS名義の作品は、ごく一部を除いて共通の世界観を持っています。
 しかしある時期より、そのスタイルに限界を感じました。幸いストーリーのストックに困ることはないんですが、それらの話に出てくるキャラクターの性格や関係性が既存のものと異なる場合も多く、アイディアを処理しきれなくなってしまったんですよね。単発世界観で、なおかつ自由な作風で書いてみたい。それなら、新しい名義でデビューし直してみよう。そんな気持ちが起こったわけです。最新作の『嘘と狂言~』をお読みになった方はお分かりかと思いますが、あのようなけったいな作品は、PNS世界観では書けません(笑) 
 もちろん、一つの名義で世界観をつなげたり分けたりということもできたかもしれませんが、私はどうもそこまで器用なことができそうになかったので、いっそのこと完全に分けてしまおうと考えたわけです。
 まさか、あんなに壁を感じていたこんぺで一位を取ってしまうことになるとは思いもしませんでしたが……;
 
 とはいえ読者の方々には、中の人のことについては深くお考えにならず、PNSと木葉梟、二人のSS作家が存在すると思って読んでいただいて結構です。これからはPNS世界観の物語(いつもの八雲家とか)はPNSで。単発世界観の作品は木葉梟で、と使い分けて創作活動を続けていくつもりです。一部の場でお騒がせいたしましたが、今後ともよろしくお願いいたします。

 さて、いい加減書き上がらない長編が待ちきれない、という方。
 一応コンペでも木葉梟が頑張って長編を書いてるので、良ければそちらを楽しんでいただければ、と思います。 世界観は違いますが、二つとも作風は変わっていないので。

 第九回東方SSこんぺ『レミリアとゴリラ』
 第一回新東方SSこんぺ『空翔ける天狗達のきらめき』

 最後に、新旧コンペを挟んで連覇を達成することができ、このうえない喜びを授かりました!
 読んでくださった方々、コメントしてくださった方々、本当にありがとうございました!!


 PNSこと、木葉梟より


スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by
  • 2012.03/21 01:13分
  • [Edit]

Re: タイトルなし

 ありがとうございます! そして深夜に大声を出させてすみませんでしたw
 当時こんぺチャットの様子を人づてに聞いたりしたのですが、レミゴリの作者を私だと思っていた方が何名かいたようです。
 しばらく名前を隠して活動したい理由があったとはいえ、すぐに明かせなくて申し訳なかったですね。
 私としてもようやくスッキリした気分になりました。

 さて、コメントの後半部についてですが、はっきり申しますと……脱帽です。
 まさか自分の作品をここまで深く読んでくださっていた方がいらっしゃったとは……。
 大正解です! 私が木葉梟の名前を使うことに決めた理由、昨年より凄まじい文量の長編を前に苦闘している理由、そしてさらに遡れば、私が創想話に投稿を始めた理由。
 全ては今仰った一人のキャラクターのためなのです。彼女がいなければ、私は東方の世界に入ってませんでした。
 いつか、どうにかしてあのキャラクターの物語を実現させたい。あのわずかな伏線も、そのために書いたものだったのです。まだ完成には先が長いですが、絶対に書き上げます。どうかその時までお待ちくださいませ!
  • posted by ぺんさ/PNS
  • URL
  • 2012.03/21 21:01分
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by
  • 2012.04/04 07:44分
  • [Edit]

Re: タイトルなし

 隠し通しているんですか!?
 という驚きはともかくとして、申し訳ありませんでした。
 正体を明らかにした意味について、新たに記事を設けたので、ご覧ください。
  • posted by PNS 木葉梟(このはずく)
  • URL
  • 2012.04/05 00:50分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

 

Author: 
 
このはずくは共通世界観、木葉梟は一度限りの世界観という風に、HNを使い分けて東方創想話にSSを投稿しています。
ここでは他の方々のSSや、自作SSの裏話などを紹介しております。あとは、軽い後日談とか。よろしくです。

最新記事

今日は何の日?教えて慧音先生

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。