やぶから九尾

東方SS書きのブログでございます

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとしたサイダーの裏話

PNSです。
サイダーを投稿してそろそろ一週間ですが、何だか予想以上にコメントをいただいて驚きました。いやホント今回、投稿するまでに自信が無かっただけに。だってオリキャラ祭りに超長編ですし!; 万点越えを果たした今でも、ちょっと不思議な気分です。
 そして私の喜ぶコメントばかりじゃないですか! ヤマメちゃんが好きになったーとか、いつの間にか時間が過ぎてたーとか、登場人物が生きていたーとか。昨年クロスオーバーを書いた時もそうですが、今回の作品にいただいた評価にも勇気づけられそうです。次回作にも期待しています、というコメントも多くありましたね。ありがとうございます。とりあえず、どのコメントも感動もので、いずれ必ずコメ返しする予定ではあるのですが、読んで爆笑したコメントもありました。だ、脱毛って貴方w それともう一つ、残念ながら小傘ちゃんはフォローする隙間がありませんでしたが、いずれ活躍するSSを書く予定ですので、お許しくだせぇ(==;

では、本日は『サイダー色した夏の雲』に関するちょっとした裏話を。あ、本当にちょっとした話ですので、読まなくても全く問題ありませんよ! ネタバレも無いし!



 えーと、このSSは、自分だけの力で完成させたものじゃない、と言い切れる作品だと思います。実際、様々な人に助けられました。まずは葉月さん。投稿を見合わせていた所に、期待しています、とかブログにコメントしてくれたので、ならもういっちょ向き合ってみるか、とまた制作に取りかかることができたわけです。もう読んでくれたかな? 次にahoさん。実は投稿前に草稿を軽く読んでいただいたのですが、途中感想が非常に励ましになりました。やっぱり不安なんですよどうしても、内容が内容なだけにw お二人ともこの場を借りて、改めて御礼申し上げます。そうそう、期待してます、という拍手をしてくださった方にも励まされましたね。ありがとうございました。
 
 そして忘れてはいけないのが、この御方。
 佐藤厚志さんでございます!

 えー!? 何でー!?
 と、普通なら問いたくなりますよねw その秘密は、昨年の春、私が第七回東方SSコンペに投稿した、『Hello, my friend ―6つの色が揃うとき― 』にあります。実はそのSSに佐藤さんがコメントで、「まるで夏の日に飲むサイダーの如く、鮮やかで清澄、快活な小説でございました」と、評価してくださっていたのです。それが実に嬉しかったんですよ。当時のコメ返しにも書きましたが、私のSSの理想型は、サイダーみたいな後味の良いものだと思っていたので。まだ冒頭とほんの少しのエピソードしか固まっていなかった長編ヤマメSSに、その時、サイダーと結びつけるアイディアが浮かびました。不思議なことに、サイダーのような、と意識すると、ストーリーが次々に生まれていったのです。エンディングもそんな清涼感を目指す感じになりましたが、その感覚についてコメントしてくださった方々もいますね。上手く再現できていれば幸いなり。

 ではもう一つ。私はSS執筆に音楽をかけることもよくあるんですが、毎回ジャンルはバラバラだったりします。メロコアだったりメタルだったりテクノだったりクラシックだったりジャズだったり……。で、サイダーを書いていた時に一番何を聴いていたかというと、『藍坊主』というバンドでした。言っておきますが、「あおぼうず」です。「らんぼうず」ではありません。東方知る前から知ってますからね!? まぁとにかく、歌詞やメロディーの青臭さがとても魅力的なバンドなんですが、昨年の執筆時には彼らの曲を結構流してました。具体的には「スプーン」とか「泣いて」とか「鞄の中、心の中」とか「ガーゼ」とか他色々。別にイメージソングがこれらだというわけではないですし、まぁそんなものを聴いて書いていたんだなぁ、くらいの話ですはいw あ、ちなみに、『うらみっこ』のバトルシーンでは『Rhapsody』というシンフォニックメタルバンドの「Emerald Sword」という無駄に熱くて濃い曲を流してました。他にもそれ系のメタルをいくつか。このことはメンバーにも伝えていませんでしたね……(=∀=;
 そういえば、今作では作中にヤマメの歌が出てきますが、あれにも一応メロディーがちゃんとあるんですよ。公開予定は今のところありませんががが。

 最後に長編作品について、です。まず始めに断っておかないといけませんが、私は別に長編が書きたいから話を長くしているのではございませんw たまたま選んだストーリーを書き終えたら長編になっているんです。これは個人的にえらく違います! 過去に長いのを書きたい、という動機で書いた作品が……無かったわけではありませんが、しかしほとんどの長編作品は、そのストーリーを書きたい、という動機から生まれています。ちょっと前に、某準一級読み専見習いさんとのチャットの話で出たのですが、思いついた物語には適切(と言い切るわけではないけど)な長さが存在すると思います。このネタは長編が生きる、このネタは短編じゃないとだれる、というくらいの性質の違いは、話の種に応じてあるんじゃないかと。さて、創想話の今が長編を書くのにキツイ時代かどうか、ということであるなら、ぶっちゃけキツイと思います。あくまでイメージですが、長編作品と創想話の読者の方々の間に、分厚い空気の壁が横たわっている、そんな感じです。一番長編に向いていた時代は、私が読み専だった頃の、投稿スピードが緩やかな時だと思うのですが、これについては意見が分かれるでしょうね。環境的なことだけじゃなく、自分の経験として、長編というのはあらゆる物が短編よりも大きくなります。容量だけじゃなく、執筆者の投入しなくてはならないエネルギー、投稿後の緊張、コケた時のダメージ……あ、もちろんいいことも大きくなりますよ。達成感とか、感想をもらった時の喜びも、なんとなく短編より深く染みいります。しかし、長編を書く人は応援しますが、長編を書きなさい、とお勧めすることはありませんね。やっぱりキツイですし。でも、見つけたストーリーが長編向きだと思うなら、ぜひそれは長編として書くべきだと思います。長いのを書くことで学んだことはいっぱいありますし、何より書き上げて評価してもらった時の嬉しさは半端じゃないですから。見つけたストーリーに、自分のやる気を奮い立たせる、ある種突き抜けた何か、があるなら、それはもう長くなろうと何だろうと、書いてみることをお勧めしまする。


 あ、ここまでのたまっておいて今さらですが、私は200kbからが長編だと思ってますので!( ・∀・)



 最近、長編を書くだけ書いて、他の人の長編を読まないっていうのは違うだろ、と思ったので、色々と探して読んでます。200の壁を突破しまくり、とまではいかなくても、FoFoさんとか夢月みぞれさんとか、長めの作品を継続して書いてらっしゃるSS作家さん方もいるので、嬉しいです。もちろん私も、これからも長編ネタが見つかれば、書いて創想話に投稿し続けたいと思っています。あ、でも次は短いですからね!w

 それでは、また次回更新でお会いしましょう。PNSでした~。
スポンサーサイト

Comment

三吉のあの飄々としていて憎めない感じはバッテリーのあいつだと、読んでて僕も思いました。
あとあっちのコメでは言えなかった事を・・・ヤマメかわいいよおおおおおおおおおお!!
いい女だよオオおおおおおおおおおお!!!
PNSさんちにホームステイしちゃえよおおおおお!!
・・・すっきりしました。

では、来年のお盆にはまた来よう→お盆は霊が現世に帰ってくる→草太&ヤマメ再会→サイダーで乾杯!!
といういい夢(妄想)を見に布団に行きます!!
おやすみなさい!
  • posted by 幻想
  • URL
  • 2010.10/19 00:58分
  • [Edit]

Re: タイトルなし

>幻想様
 向こうのコメントでは、魂のこもった感想をありがとうございますw

>>三吉のあの飄々としていて憎めない感じはバッテリーのあいつだと、読んでて僕も思いました。
 おお! お気づきになりましたか! 私あのキャラ大好きなんですよ。三吉もお気に入りのオリキャラですけどねw

>>あとあっちのコメでは言えなかった事を・・・ヤマメかわいいよおおおおおおおおおお!!
>>いい女だよオオおおおおおおおおおお!!!
>>PNSさんちにホームステイしちゃえよおおおおお!!
 こちらでも魂のこもった感想が! いやホント、嬉しいです。
 これをきっかけにヤマメが好きになってもらえたら、っていう気持ちもありましたし、何よりあんな可愛いキャラが評価されていないのはおかしい絶対w というわけで、ホームステイ歓迎です。あ、でも藍様に怒られるので(消滅

> では、来年のお盆にはまた来よう→お盆は霊が現世に帰ってくる→草太&ヤマメ再会→サイダーで乾杯!!
> といういい夢(妄想)を見に布団に行きます!!
> おやすみなさい!
 その夢、ネタつぶしですからー!(泣)
 冗談はともかく、サイダーの後日談については、実は結構プロットも出来ているんですよ。ただ公開するとすれば、たぶん来年になるでしょうね。どういう形でお届けするかはまだ決まっておりませんが、その時がくれば、ぜひ読んでいただければ、と思います。それでは、サイダー色をしたよい夢を! おやすみなさい!
  • posted by ぺんさ/PNS
  • URL
  • 2010.10/19 23:16分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

 

Author: 
 
このはずくは共通世界観、木葉梟は一度限りの世界観という風に、HNを使い分けて東方創想話にSSを投稿しています。
ここでは他の方々のSSや、自作SSの裏話などを紹介しております。あとは、軽い後日談とか。よろしくです。

最新記事

今日は何の日?教えて慧音先生

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。