やぶから九尾

東方SS書きのブログでございます

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【創想話SS紹介】作品集8『次なる歴史へ』凡用人型兵器氏

さっそく、前日は予告無しに休んでしまいました。
今日はサイクル通りに、創想話SSの紹介をしたいと思います。
(もうとっくに日付変わっちゃってるけどね!)


あ、その前に拍手レスを。


>後日談のお腹壊したけーねが何だか可愛くて笑ってしまいました。 妹紅とのペアルック寝間着が気になります。


ありがとうございます。って、ペアルック寝間着を覚えてらっしゃるとは!
その話についても、機会があれば書きたいですね。


あ、拍手してくださる方々、まめに返信しますので、どうぞお気軽にコメントしてくださいな( ・ω・)ノ


さて、けーねが可愛いという意見が出たので、慧音のSSをご紹介。
いらん知識から入りますが、慧音は私の四大好きなキャラの一人です。しかし、私はまだ彼女が主役のSSを書いたことがありません。その理由の一つとして、創想話にて読み専時代に親しんだ数々の慧音SSのイメージが強く、それらに匹敵するストーリーを思いつけないというのがあります。本日はそんな慧音SSの中でも、もっともお気に入りの一つをご紹介。凡用人型兵器氏の『次なる歴史へ』(作品集8)です。



あらすじ
それは、とある人間の一生。人の身で届かぬ存在を、追いかけ続けた男の歴史である。はじめは親しみだったかもしれぬそれは、いつしか恋心へと変わっていった。しかし、思いを伝えられぬまま、『人』の時間は過ぎていく。そして最期に、男が見つけた答えとは……。


実は慧音は脇役です。この話は慧音というキャラを主人公と対比させることで、『人間』について語っています。日記形式という手法の上手さも光りますが、私がそれ以上に感嘆したのが、読了感の素晴らしさです。短くきちんとまとまっており、なんとも清々しい終わり方が、この作品の魅力の一つとなっております。


東方キャラのSSのほとんどが、『空に住む者』の話です。それは飛べるという意味だけではなく、どこか普通の生き物離れした所というか(いや、まさにその通りなんですが)。ところがこのSSは、しっかりと大地を踏みしめるヒトの息吹が聞こえてくる。飛べない者達の世界も、たまらなく美しい。ああ、人間ってすごいな、って思えるんです。そこがたまらなく好きですねー。そしてもちろん、主人公に共感を覚えるというのも!(笑)


この作品には、オリジナルキャラクターも、上手く料理すればこんな素敵な話がかける、ということを学ばせていただきました。実は私が今書いている作品も、無難な内容ではなく、かなり風当たりの強いジャンルに位置します。ですが、思いついたストーリーは、書きたくなるのが人の性。あえてそれに怯えずに、書ききってみたいと思います。


今回は凡用人型兵器さんの『次なる歴史へ』でした。
明日(今日)は小話を予定しております。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

 

Author: 
 
このはずくは共通世界観、木葉梟は一度限りの世界観という風に、HNを使い分けて東方創想話にSSを投稿しています。
ここでは他の方々のSSや、自作SSの裏話などを紹介しております。あとは、軽い後日談とか。よろしくです。

最新記事

今日は何の日?教えて慧音先生

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。