やぶから九尾

東方SS書きのブログでございます

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏コミ道中記 二日目 夏コミ当日の話

 PNSです。夏コミどころか例大祭SPも終わってますが、PNSです。じゃなかった道中記です。
 今回は夏コミ当日の途中までの出来事を書こうかと思います。
 ぶっちゃけ、書き殴りなので、見苦しいところもあるかと思われますが、ご勘弁願います。

 あ、その前に、いただいた拍手レスです。


>>ぜひ読みたいですね。

 まさか昨年の日記に拍手コメがつくとは……。
 ありがとうございます。とりあえず、早めに書き上げます。オリジナル臭たっぷりですけどね;

>>PNSさんの新作来るのですか?楽しみに待ってます。(^^)/

 というわけで、新作は八雲&守矢でした!
 本当は一つのSSにまとめたかったんですが、どっちの一家も主役級に扱いたかったので、ああなりました;
 形式に悩んだ作品でしたが、いかがでしたか? お楽しみいただければ幸い。

>>●●●さんへ。

 いやいや同郷どころか、住んでる市まで同じじゃないですかw
 某ショップどころか、町中で本気ですれ違ってる可能性がありますよ。ちょっとちょっとどうなってんのこれw
 全国創想話作家戦力図って誰か書いてくれないかな。やはり東京が強いと思いますが、青森以北とかで分けたら凄いことになりそうな。それはそれとして、いつも温かい拍手をありがとうございます。本当に励みになっております。あ、コメ返しが余計な場合は、仰ってください。


では、以下道中記の続きです。
前回同様、内容はカオスで自重しないイタイ文章ですので、ご注意願います。



4 悪夢の起床編


 その日、PNSは自分が寝床の中で、一匹の巨大な毛玉に変わっているのを発見した。
 


 しかし元からだった。

 

 ううむ。今日は何日だ。14だ。
 そうだ! 夏コミ当日じゃないか! 時刻はAM6時……よし、寝過ごさなくて本当によかった。

 おや、枕元に、ショウワノートを小さく、そして分厚くしたような本が置かれているじゃないですか。
 これは『踊るワラキア』。昨日いただいたものですな。
 誰から? 間違いない、このインド溢れるテイストは沙月さん。昨晩は早く寝るべきだったのに、あまりに面白かったのでつい読みふけってしまったのね…………。
 
 それにしても昨日の夜はなかなかにカオスでしたな。
 浅草観光を終えて、一端チェックインをしに浅草橋のホテルへと戻り、仮眠してからいざオフ会の待ち合わせ場所、上野駅へとahoさんと共に向かったんだけど……

 豆しばを目立たせるためにぽんぽん上に投げているさん。



 その周囲に集まる、圧倒的な人数!!

 ラグナロクはまだ終わってなかった! (゚ロ゚;)




 ううむ思い出してもビビるぜ。
 とにかく、あの中の多くが創想話作家さんであったことは間違いないし、名乗ってくれる人ももちろんいたんだけど、もはや多すぎて誰が誰やら記憶が曖昧(名刺だけはしっかり残ってますが)。ただ、遅れて途中でやってきた方が電気羊さんで、それまで周囲の人間の胸を揉もうとさまよい歩いていた方がTakuさんだということは覚えてます。


 あ、違う。これ逆だったんだ。ahoさん共々騙されてたんだった。その後、私を盾にして逃げまどうahoさんを見て、電気羊さんじゃなくてむしろ電気狼さんじゃないですか、とツッコミを入れたくなったんだっけ。あれ、私がahoさんを盾にしたのか? どっちだ?

 えーとそれはともかく、後はなんだ。飲み会場所の『パセラ』では……確か、ahoさんライアさんジローさんと同じテーブルを囲んでいて……いや、真面目な創作話が始まったところで、涼しげなイケメンパレットさんがすすすっ、と近づいてきたりもしてたな。えーと葉月さんが極まった土下座を見せていたり、ジローさんが魂を込めた替え歌を歌っていたり、日向さんが美声を披露していたことと~。

 そうだ! 忘れてはいけない。ついに東雲さんに出会えたんでした! いやー、ついに東雲ペンサホンがあの夜に揃ったんですよ。東雲ペンサホンの貴重な産卵シーンとか、チャットで(一人で)バカなこと言ってた頃が遠い昔のように感じられます。ビンゴ大会ではちゃっかりahoさんが優勝していたり、その内のバナナの宇宙食が死ぬほど微妙な味だったりしたんだった。

 うん、それくらいで抜けだしてきたんだよな。だからこそ今の体調があるわけだ。
 全く無問題(モウマンタイ)!


 あ、そういえばahoさん達に食べさせたジンギスカンキャラメルの片割れ、賞品に混ぜたんだけど、誰が取ったんだろう。あれは自分が食べるもんじゃなくて、人に勧めるもんですからね。


 そうだ。それと日向さんがPSPにあのオバカノベルゲーをぶち込んできたんだった。反射的にミドルキックでツッコミを入れたくなりましたねあれは!



 とにかく、起き抜けの水の美味しさは快調の証。今日もいい一日になることでしょう。
 しかし相手はあのコミケ。色々と凄い噂は聞いていますし、一筋縄ではいかない戦地
 果たしてどうなることやら、と支度をして、部屋を出ました。

 エレベーターの扉が開き、ロビーに足を踏み入れると、


「お目覚めかな、PNSさん。その顔だと、よく眠れたようだね」


 ああ、朝が爽やかになります。
 そこにはタキシード姿の超絶イケメンahoさんが、ワイングラスを片手に待ってくれていたのですから。
 朝からこの姿とは恐れ入ります。40代の渋い魅力に溢れていますな。
 受付のお姉さんも見とれているのが分かりますし、オーナーのおじさん初恋の少女の顔つきになっているじゃないですか。玄関前では出待ちのファンがフラッシュを焚いています。これからahoさんの鞄持ち役となって、あの間を通り抜けることを考えると、私もいつかこんな立派な人になれたらいいなぁと思い……。



 はい。ここら辺で、ギブアップします。ahoさんごめんなさい。


 
 今回、夏コミ会場の東京ビッグサイトには、『ゆりかもめ』を使って行くことにしました。行き順は事前にNさんから聞いていたために、全く問題なく。浅草橋→秋葉原→新橋と乗り継いで、ゆりかもめを目指すところで


 すでに人が多いぞ、おい


 かなり時間に余裕を持って出てきたはずなのに、何だろう、この道に蔓延する戦というか何事かの前触れのような緊張感は。とりあえず駅前でコンビニ飯を済ませてから行くことにしたのですが、適当な場所に座っている間に目の前を通り過ぎていく人の数々。

「これみんなコミケに行く人たちじゃないですか」
「俺らも周りから見たらそう見えるんすかね」
「そりゃそうだw]

 などと会話していると、横のおじさんに話しかけられまして、

「すごい人だねぇ」
「あ、そうですね。でもこれから、もっと混むと思いますよ(苦笑)」
「なんなのぉ? 一体。お祭り?」
「(うーん、お祭りと答えていいものか)コミックマーケットという、えー、同人誌を売り買いするお祭りのような……」

 とまぁ、かなり苦しい説明をしてしまいましたが、果たして通じたであろうか……。

「こいつらはみんなオタだ! そして俺たちもまさしくだ! これからオタク共の祭典へと向かうのさ! そしてお前も道連れだ! キェー!!」

 くらいの説明をするべきだったのかもしれない。
 とても怖い場所であることくらいしか伝わりませんね、たぶん。

 現地でお昼を食べてるスキマは無いと思ったので、カロリーメイトを購入。しかし、水を消費するので、ウィダーinゼリーの方が良かったと気付く。ちなみに私はメープル味で、ahoさんはチョコ味だったっけ? とにかく、カロリーメイトは何味がいいか、って話をした覚えがあります。私は普段はフルーツ味ばかりです。

 行きのゆりかもめは、座れはしませんでしたが、それほど混んでる感じはありませんでした。まだ空いてる時間なんだなー、とこのときは思ってたんですが。ところで、『ゆりかもめ』ってアナグラムすると『ゆかり、揉め』になるんですね。今気付きました。もし現地で気付いていたらahoさんが興奮してヤバいことになっていた可能性があるので、次からは気をつけなければなりませんね。

 まぁとにかく、ビッグサイトに着くと、まだ朝だというのに蒸し暑い……けど天気が曇りだったのは助かりました。別の記事で書きますが、滞在三日目は半端じゃない暑さでしたから。
 ぞろぞろと会場に向かって歩く大勢の人達に混じって進む二人……これってすでにデモ行進レベルの規模です。もしかして、みんなサークル参加者の方々なんだろうか。サークルチケットを持っているのは、そんなに特別なことじゃないんかなー。と思っていたら大きな間違いだった。一般入場口には、すでに大勢並んでいる人がいて、ビニールシート敷いて寝ている人までちらほらおる。

 本来自分はあちら側にいるべき存在なのに、まさか、初コミケでサークル参加者になるとは思わなかったなー。と、東雲さんに感謝しつつ、いよいよ本日の戦舞台に、私達は乗り込みました。



 5 冥府のコミケ編



『その辺歩いてる東方コスプレイヤーの半分ぐらいが男だったのがいろいろとカルチャーショック。その内見慣れて何とも思わなくなった自分にもショック。でも一番印象に残ってるのは、セーラー服着たおっさんが無表情で歩いてたことです』


 今年の春、ahoさんからそんな冬コミ体験を記したメールを受け取って、一体どんな魔空間なんだそりゃあ、と思っていましたが、早速、会場内で私よりもずっと背の高い『十六夜咲夜君』を見かけたことで、なんとなく吹っ切れました。

「おう。東雲庵のスペースどこや」
「任せろや。ちゃんとメモしとるわ。あん? テ-20a、ってなんや。20ってそらAですらないで。えぐれ胸や」
「何ahoなことぬかしとんねん。頭にテ-ってついとるやん。こらあれや。てゐに騙されたんやな。俺らの夏は終わったっちゅーことや」
「てゐかー、じゃあしゃーないな。ほな帰ろか。帰りに四葉のクローバー見つかるとええな」

 とまぁ、そんな感じであちらこちら回って、無事東雲さんと合流。本日はよろしくお願いいたします。
 早速、設営とか、巨大ポスターとかゴミ捨てとかのお手伝い。
 その後、東雲さんとahoさんが挨拶回りに行くということで、お留守番。私は会場をきょろきょろと見渡していました。
 うーん、なんていうか、体育館二つ分くらいの広さはあるような気がする中に、サークルに与えられた机がずらりと並んでいるわけでして。これらが一斉に同人誌の新刊を売り出すとなると、いやはや今から凄まじい光景が想像できますな。目の前に積まれた、出来上がった本『幻想四葉帖』を見ていると、ちゃんと売れてくれるかどうか少し不安にもなります。主に厚さで。

 さて、そんな風に留守番して、東雲さんに挨拶に来たり帰っちゃったりする人達に対応していると、相変わらず本をたくさん抱えて持ってきたメンバーのお二人が。どうやら殆どの方が来てらっしゃらない様子。というわけで、今度は私がユーゴさんの所に挨拶に。メールで依頼してメールで相談してメールで頼み込んで描いてもらったので、リアルでお会いするのは当然初めて。なので少し緊張しましたが、会ってみると丁寧なご挨拶&新刊をいただきました! やー、店に並ぶ前から手に入るとテンション上がりますね。忙しい中挿絵を引き受けてくださったこと、本当に感謝しております。改めて、ありがとうございました。

 さらにさらに、サークルの机で待っていると、色々な人が挨拶に来てくださって、新刊を交換していただくわけで、買いに回る前からどんどん増えていく本の数々。もちろん、昨晩の飲み会で知り合った方々もいっぱいいました。俄雨さんは、幻想四葉帖が机の上に立つ厚さなことに驚いてましたね。いや、私らも最初見たとき驚いたんですけど。これはもう後一歩で鈍器だな、と。

 しかし、どんどん会場に人が増えていって大勢の方々と挨拶を終えたのに、肝心な人の姿を今日まだ見てません。さんです。本日はサークルカルカリアスの合同の方で売り子をするらしいのですが、なんとチケットが無くて入れないとか。詳しい事情はともかく、大丈夫かね、と心配になりました;(後で無事に再会できたのですが)

 そんなこんなで、無事に準備が完了した後、東雲さんがおもむろに話を切り出しました。
 

「さて……お二人には重要な任務を与えます」

 
 来た! ahoさんと私はすでに事前に聞いていたので、覚悟はできていました。
 おそらく、今回の神主新作の妖精大戦争は一限(お一人様一つ限り)。しかし東雲さんはスペースを離れることができません。なので私ら二人が、サークル参加者の特権を存分に生かし、手に入れて来ようということなのです。

 ミッションスタート!


 同じビッグサイト内なのですが、我らの同人誌が売られているホールと、神主の新作が売られているホールは別であり、開場前にシャッターで区切られてしまいます。その前に速やかに移動しなくてはならないのですが……。





「あれ、ahoさん。閉まってませんか?」
「そうっすね」




 す、すでにシャッターが下りているだと!?(;゚д゚)


 これで「すみません、閉じこめられました」とかスペースに戻ったら、間違いなく東雲バスター(Hard)を喰らっていたと思います。そんな馬鹿なと思って調べまくると、なんと一つだけぽつんと開いているという罠が。


「急げ、ダッシュだ!」



 こうして、二人はなんとか会場間の移動に成功。
 こちらのホールも同じくらい広くて、東方以外のジャンルの同人サークルがたくさん並んでいました。
 ちょっと立ち寄って眺めてみたい気もするけど、今はそんな暇はありません。

 さて、神主の列は……


「・・・・・・どれでしょう」
「さぁ・・・・・・?」



 長い列は二つ三つあるけど、どれがどれだか全くわかんないよ! なんか外に通じてるみたいだけど、何が売っているかも詳しく書いてないし! ahoさんが出来る限りの情報をケータイで仕入れつつ、おそらくこれだろうという列に並び、一緒に並んでいる人達に話を聞いてみたり。

 シャッター前サークルです、とか不思議な答えが返ってきたので、ええい運と勘に任せて行ったれや、とその場で決定。


 そんな中、ついにコミケ開場の合図と共に盛大な拍手が巻き起こる!


 進み出した列に従って、ぞろぞろと外へ向かうことに。


「上海アリスさんはこちらでーす」

 おお! 当たった! やったよ東雲さん!( ゚∀゚)

 
 曇りなので暑さもそれほどではなく、並んでいる時間もそこまで長くならなそうです。
 これは意外と楽勝なミッションだったか? とホッとしていると、




「お一人様三限でーす」




 …………三限?





 三限~一人三つまで購入できる→一人でメンバー全員分が足りるということ。






 なんじゃそりゃあ!?(;゚д゚)(;>_<)







 と二人は思いましたが、まぁ無事に手に入るんだからいいですよねw
 私とahoさんは、見事東雲さんの分まで、新作をゲットすることができましたとさ。実は私、三月精のチルノが好きなんですよ、可愛くて。え、眉毛が濃いのが嫌? ……貴方何もわかってないんですね!? 
 

 さて、今回のサークル席は三人で入ると狭いので、運営は二人で行うことになってました。
 東雲さんは離れるわけにはいかんので、私とahoさんが交代で回ることに。まずはahoさんが買い出しに行って、私はスペース運営に加わりました。

 正直、加わった当初はそこまで買い求める人はいなかったんですが……。


 その後にラッシュが来ました。
 

 あれよあれよと売れていく同人誌達。売り子の経験は初めてじゃないのですが、ここまで忙しいのは未体験です。途中から東雲さんと完全に役割を分担して、座ってる時間よりも立ってる時間の方が長いという状況に。
 苦労して作った作品が売れていくというのはもちろん感激なのですが、我々にはもう一つ秘かな楽しみがありました。それは、どの栞が一番人気か。今回は四葉のテーマにちなんだ四種類の色の栞のうちの一つが特典としてつくようになっていました。会場に足を運んでくださった方は、その中から自由に選ぶことができるのです。ahoさんの『愛情』の白&。東雲さんの『誠心』黄色。Nさんの『幸運』。そして私の『希望』がありました。メンバー各自に報酬として渡される新刊には、それぞれの栞がつきます。私は自分の青い栞を見て、いやー、いい出来だなー、と喜んでました。

 あ、もう一度書きましょう。
 メンバー各自に報酬として渡される新刊には、それぞれの栞がつきます。

 よく覚えておいてください。



 で、実際の売れ行きですが。
 まずトップはNさんの『幸運』!() それに続くのが私の『希望』のでして、序盤はこの二つがひょいひょい選ばれていきました。Nさんが時速100kmだとすると、私は時速80kmくらいでしょうか。残る二つについては………………最初の方は一般道くらいの速さでした、うん。終盤はahoさんの『愛情』と(白&)と東雲さんの『誠心』(黄色)がデッドヒートを繰り広げ、アタマ差でahoさんが逃げ切りました。しかしこれには仕方ない事情もありまして、ahoさんと東雲さんの栞のデザインは、諸々の理由により、当初のデザインよりも色が薄くなってしまったのです。

 凹んだ様子の東雲さんは、残った栞を重ねて、 

東雲「PNSさん……こうすると、色が濃くなりますよ……」
PNS「東雲さんってば」 ;=∀=)ノ


 みなさん。素がこんなにラブリーな東雲さんは、間違いなく隠れ萌えキャラです。
 次の機会があれば、ぜひお見逃し無く。

 さて、時間を少し戻して、ある程度売り子をしたところで、ahoさんと交代とした時の話を。

 ん? なんかブラザーずいぶん顔色がよろしくないですね。どうしちゃったのでしょう。

「……すれ違い 汗でグレイズ 高得点」(;_;)

「……お疲れ様」(´∀`;)

 彼の辞世の句(になりかけた句)は、これから突撃してくる私にとって、貴重な助言でした。
 よし! 汗にも負けず、臭いにも負けず、人混みにも夏の暑さにも負けず!
 欲しいサークルの本を手に入れてくるぞー!





 ……あれ? 用意していた紙袋どこ行った。



 ……無い……見つからないぞ。




「PNS。そんな装備で大丈夫か?」
「大丈夫だ。問題ない」



 仕方ないので、生身壁サークルに突撃してきましたよ、ええ。コミケ舐めてるとしか思えませんね。

 しかし、欲しい物は全部手に入れたので(元々少なかったというのもあるけど)、やはり浅草寺の大吉は当たっていたのかもしれませんw 最後尾の看板を持ったりとか、割と面白かったです。汗でグレイズもなんとか神回避できたし。


 さて、会場内では他にも面白い光景や出来事をたくさん目の当たりにすることができました。

 そのうちのいくつかをご紹介。


(A)五歳の橙事件  驚愕度★★★ 

「PNSさん。五歳の橙がいましたよ!」

 ハァ?( ゚д゚)

 ついにahoさんも脳をやられてしまったか。それとも元からか。あるいは私と会ったのが運の尽きか。

 そうじゃなくて、橙のコスプレをしている五歳児(aho推定)がいたそうな。おいおい、マジかいな、ちょっと問題が無いかそれは(汗

 そしてその存在を、私はスペースで売り子をしている最中に発見することができました。その子はお父様らしき人に肩車されて、目の前を横切っていきました。「十六夜咲夜君」だったり「スカーレットブラザーズ」だったり、普通にレベルが素晴らしく高い「霧雨魔理沙」さんだったり、当日の会場では様々な力作コスプレが散見できました。しかし、私ことPNSは、橙のコスプレをした幼い彼女に、一票を投じたいと思いました。

 >>ただし、父親の方には一言いいたい。


(B)エージェントゆかりん事件  驚愕度★★★★ 

 コスプレといえば、この話は欠かせません。今回、私がぜひ回ろうと思っていたスペースの一つに、葉月ヴァンホーテン様、のサークルがございます。葉月さんのサイトは右のリンクにも載ってますが、最早創想話新世代の担い手の一人と言ってよいでしょう。ブログにコメントしてくださって以来、創想話にて私が作品を追っていた一人でもあります。リアルでもahoさんの『時には昔の話を』や私の『八雲の式の式の式』を褒めてくださったり。そんな美少女の作風は、優しくて眩しくてあったかくてホッとする味です。今回はどんな作品だろうか、と私は楽しみに向かいました。

 そして割とすぐに葉月さんの姿を発見!

 
 その隣に、はいた。


 レベルの高ーいコスプレの八雲紫さん(♂)。


 ただし、なぜかサングラスをかけているんですよ!

 頭の中にYUKARIXって文字が流れましたよ!


 あまりにも堂々としたコスプレ(しかも地味に似合ってる)で、その上サングラス
 昨日ahoさんから青森駅で聞いていたけど、まさかここまでのインパクトとは(詳しくは第一回道中記を参照)
 とにかく、葉月さんの新刊を購入させていただきましたが、背中を見せると、エージェントゆかりんの素手でコンクリートを破壊する腕力を発揮されそうで恐ろしかった……。


 で、この時の私の行動が(E)の事件に繋がるわけです。




(C)ババァ事件  驚愕度★★ aho度★★★★★


 断っておきますが、ババァがいたわけではありません。
 例えいたとしても、ババァがいましたよ、なんてブログに書いたりしません。
 そうではなくて、会場にあるTシャツを着ている方がいたわけです。


「PNSさん……あれ」

 
 ahoさんが小声で示す方向に、私が目を向けると。


 その男性のTシャツにはでっかく、ババァは俺の嫁と書いてありました。

「あははw ahoさん対抗意識燃やしてるんじゃないですか?」




「脱がそう」

「誰かっっ!! ahoを止めろぉおおおお!!」



東方SSを愛するよい子の皆様、ahoさんは近年まれに見る温厚な好青年です。リアルで会った私が保証します。しかし、紫に関しては目がマジになります。リアルで目撃した私が保証します。

 
 ゆかりんは私も好きなキャラクターですが、ahoさんと張り合う気にはなりませんね。怖いから。


東雲「ところでPNSさんも、気になるコスプレとかありましたか?」
PNS「うーん、咲夜さんは多いけど、藍様は一人もいませんね。やっぱり難しいのかな。尻尾が暑そうだし」
東雲「じゃあ、チビ藍様とかがいたら」
PNS「ああ、持ち帰りますね




(D)ついに集結事件  驚愕度★★★★ 感動★★★★★


 いや、これは事件じゃないんですけどねw
 私は今回の夏コミにてどうしても会いたい人物が一人いたのです。すでに前日に、東雲ペンサホンのメンバーのお三方と出会い、さらにラグナロクのチーム地霊殿メンバーである日向さんと出会い、他にも多くの作家さん方と知り合う機会に巡りあったのですが……

 一人だけ、会えてない人物がいました。前々日にあったという飲み会には来ていたらしいのですが、昨日その姿を見ることはできなかった……。この夏コミ当日でも会えるかどうか、という話だったので、半分諦めつつスペースで売り子をしていたのです。


 しかし、やはり大吉の効果はあった。
 福の神である日向さんが、うちらの所まで連れてきてくださったのです。


「PNSさん。蛸擬です……」( ゚ε゚ )

「も、もどきさん! 会いたかった!」( ;∀;)



 というわけで、東雲ペンサホンに続き、無事チーム地霊殿こと博麗ドラゴンミストも集結!! いやー、あの300kb超え作品『うらみっこ』を修羅場を乗り越えて執筆した仲間となれば、もはや戦友ともいうべき存在です。しっかり握手させていただきました。しかし、短い時間ながらもお会いできたことは嬉しかったのですが、ahoさんに紹介するために引き留めておくべきだった……orz 後でちょっと悔やみました。例大祭SPでは会えたのかな? ともかく、この時点で殆どの目的は達成されたような気がしましたね。


(E)ローリング葉月事件 驚愕度★★ ネタ度★★★★★


 新刊が無事売り切れて、東雲さんとahoさんとサークル席で談笑していたところ、ココアを手にした美少女が颯爽とやってきて、くるんと回転し、親指を立てました。


「新刊完売しました!」



 実に爽やかな笑顔で言ってくれる葉月さん。
 お互い本が全部売れたということで、めでたしめでたし。


 しかし……、私は実は葉月さんの本を二冊持っていたのである。
 一つは購入した物。もう一つは東雲ペンサホンとの新刊交換の時の物


 だがPNSは全てお見通しでした。


 葉月さん。みなまで言うな。私にはわかってるよ。
 これは一冊は自分用で、もう一つは布教用なんだろう。
 私がそんな大事なこと見落とすはずないじゃないか。
 そしてごめんよ、保存用を買うのを忘れていたよー(よー、よー、よー……)


(F)Nさん栞事件  驚愕度★★★★★ 恐怖 ★★★★★★★★★★



 今回のきっかけを作ってくださったのが東雲さんだとすれば、あらゆる面でサポートしてくださったのがNさんでした。それはもうサークル内のことだけではなく、当日の行動だったりオススメの店だったり。ahoさん共々、本当にお世話になりっぱなしでした。

 新刊が無事に売り切れた今、東雲ペンサホンのミッション達成を祝おうじゃないですか!
 あ、噂をすればNさんだ!


「Nさーん。無事に完売したよー!」
「ほう、それはよかった。で、私の分の栞(幸運の黒)はどうしましたか?」


 ……………………。


 てへっ、僕わかんな~い×3


 すかさず、N氏の拳は大地を割り、

 三人を奈落の底に葬り去り、

 地下のみみず君を叩き起こし、

 ケロちゃんと霧島さんの頑張りも虚しく、

 東京大地震は起こったのであった。




 ごめんなさい、気付かなかった僕らが悪いんです。
 あまりに売れ行きが好調だったので、つい見送ってしまったんです……(言い訳になってない)。



 さて、そんな感じで、無事閉幕したコミケのチャイム、直後に巻き起こる拍手も印象的でした。私とahoさんは戦利品を抱えて、再び『紫揉め』じゃなかった『ゆりかもめ』でホテルに帰りました。途中で東雲さんともお別れ。今日一日、本当にお疲れ様でした&色々とお世話になりました。

 で、ホテルでとにかく寝てやすむぜー、って話になったのですが、二人の前を黒猫が横切ったのですよ。ここで、不幸の前触れでは、などと考える人は古すぎます。ポーの小説はおっかなかったですが、それでも私、猫を飼うとしたら黒猫がいいです。でもあの時二人の前に現れた黒猫の尾が、二つあったかどうかについては、正直あまり覚えていないのが残念です。


(完)


 さぁ! そんな感じでコミケ編終了です!
 実はこの後、夜の浅草編と三日目の地獄ぶらり旅編があるんですが……これって読みたがる人いるんですかね? だって私とahoさんがぶらぶら(ラブラブではありません)してただけですよ。まぁahoさんの人柄を表す心温まるエピソードもあったんですが、それについて語る機会はまたあるでしょうし。ひとまず、ここで道中記を締めさせていただきます。要望があれば書きますけどねw

 では、次回更新は創想話ラグナロクに参加した、チーム地霊殿からのお知らせになると思います。
 まぁ今さらというか遅すぎるという意見もありますが、とにかく乞うご期待!

 PNSでした!
スポンサーサイト

Comment

面白かったです!

記事執筆、お疲れ様でした! あのときの阿鼻叫喚が思い出され、楽しかったですw。
栞を重ねて「色が濃くなりますよ」なんて、本人でも忘れていた思い出だったので、こっぱずかしい気分になりましたw。

またいつか、どこかでリアルにお会いしましょう! 

よくやった、博麗神社で玄爺をファ(ry

いやー、さすがPNSさん。非常に楽しくも詳しいレポお疲れ様でした。
当時のことがありありと思い出されます。いい旅でした。
あ、ちなみに蛸さんとはSPでお会いできましたよ。
酉さんの一日奴隷やってました!

ああところであれだ。
俺の人柄を表す心温まるエピソードは書くなよ! 絶対書くなよ!
  • posted by aho
  • URL
  • 2010.09/25 11:50分
  • [Edit]

オフ、コミケともどもお疲れ様でしたぁー!
今回の一連のイベントでは、色んな作家さんと仲良くなれたので、とても嬉しいイベントとなりました。
布教用とかあるんですかwww
いやもうなんかとにかく土下座ですねこれは!
色々ありがとうございました!orz

PNSさんの残した
「冷蔵庫に入れてたら(文章が)勝手に増えちゃうんだもん」
は一生忘れません!

それでは!
  • posted by 葉月
  • URL
  • 2010.09/25 12:09分
  • [Edit]

>東雲さん
 いやー、本当に楽しい経験でしたよ。書いてるとまた行きたくなってきましたw
 個人的に栞ネタが印象に残っていたんです。他にも色々ありましたし、削ったネタも結構あります(ひがしくもさん、とか)
 次にお会いできる時も、そんなネタがいっぱい手に入ればいいなぁ、と思いつつ。……期待してますぜ東雲さん( ・∀・)
 それでは、またいずれどこかで!

>ahoさん
 よりにもよって玄爺なのかw
 時間はかかっちゃいましたが、執筆自体はさほど苦労するものではありませんでした。
 今回の旅が楽しかったからなのは言うまでもなく。
 今度はahoさんが例大祭SP編を書く番ですね。期待しております( ・∀・)

>>あ、ちなみに蛸さんとはSPでお会いできましたよ。
>>酉さんの一日奴隷やってました!

 実は昨晩(というか今朝か)ご本人からも聞きまして、無事会えたそうで何よりです。
 ただ酉さんに連れて回ってもらったという話だったんですが、一日奴隷だったとはしらなかったw

>>ああところであれだ。
>>俺の人柄を表す心温まるエピソードは書くなよ! 絶対書くなよ!

 ああ、わかったよ! 書きゃあいいんだろう書きゃあ! あの部分だけ抜き出してやるよ!
 同人誌を倒した件も含めてきっちり書いてやるよ! 震えて待て!

>葉月さん
 お疲れ様でした! もう一ヶ月以上前の話なんですが、道中記はいかがでしたでしょうかw
 とりあえず、余った土下座本については、ヴァンホーテン教の教典として使わせていただきます。

>>「冷蔵庫に入れてたら(文章が)勝手に増えちゃうんだもん」
 あー、そう言えばそんなこと言いましたっけw
 まぁ本当なんだから仕方がないです。うらみっこに関しては、雑巾を絞るように文を捻り出してましたけど……いやはや修羅場の力は凄い。

とにかく私にとっても楽しいイベントでした。今度は葉月さんとゆっくり話したいですね。その時はよろしくお願いいたします!( ・∀・)ノ

  • posted by ぺんさ/PNS
  • URL
  • 2010.09/25 23:11分
  • [Edit]

今年の夏はたくさんのSS作家さんに会えて本当によかったですっ。
特にチーム地霊殿、全員が揃ったのはうれしかったですね~。
あまり話す時間はなかったので、いつかゆっくりと語り合ってみたいものです。
  • posted by 如月日向
  • URL
  • 2010.09/26 21:20分
  • [Edit]

Re: タイトルなし

>日向さん
本当にいっぱい作家さんに会えましたし、日向さん達に会う機会にも恵まれて嬉しかったです。
でもチーム地霊殿は、夏コミ会場で、二分も揃ってませんでしたね(;´∀`)
やはり次の機会には、まったりと語り合いたいものです。チャットなら頻繁に会えるので、これからもよろしくお願いいたしますw
  • posted by ぺんさ/PNS
  • URL
  • 2010.09/27 23:48分
  • [Edit]

こっちの日記は読みながらexciteしちゃいましたぜ・・・
よつば帳は自分が始めて買った同人誌なのにすごくレベル高かったからこの先他の同人ssで満足できるか不安な今日このごろですww
  • posted by 幻想
  • URL
  • 2010.10/10 20:49分
  • [Edit]

Re: タイトルなし

おお、なんとさらにコメントが! ありがとうございます。悪ふざけしまくった文章でしたが、exciteしていただいたのであれば幸いですw

そして、四葉帖が始めての同人誌だったのですか! つまり、サークル活動に始めて参加した私(ahoさんもですね)の作品を、幻想さんが始めての同人誌として手に入れたということになりますな! ご購入ありがとうございましたm(_ _)m 私の同人活動における今後の予定は全くの白紙ですが、機会があれば次も買って良かったと思えるレベルを目指します。創想話では引き続きSSを書き続けるつもりですので、そちらでもよろしくお願いいたしまする。ではでは~ (・∀・)ノシ
  • posted by ぺんさ/PNS
  • URL
  • 2010.10/11 20:33分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

 

Author: 
 
このはずくは共通世界観、木葉梟は一度限りの世界観という風に、HNを使い分けて東方創想話にSSを投稿しています。
ここでは他の方々のSSや、自作SSの裏話などを紹介しております。あとは、軽い後日談とか。よろしくです。

最新記事

今日は何の日?教えて慧音先生

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。